学習法の3つのポイント

1.個人別指導

ひとり一人にあった学習量、教材の進め方などを決めながら指導します。これにより、

どなたでも無理なく学習を続けていくことができます。

 

2.自学自習

自主的に学習に取り組む姿勢を重んじます。

まずは教材で原理原則(げんりげんそく:字を整えて書くためのルール・決まりごと)を確認します。

その上で手本をよく見て、自分でよく考えて学習するという姿勢が大切だと考えています。

これら自主的な学習姿勢により確かな書写力がつきます。

さらに、自学自習を進めることにより集中力・学習習慣も身につきます。

 

3.ちょうどの学習

書写技術の習得や学習内容の理解の度合いには個人差があります。

公文書写では学習者お一人おひとりの ”ちょうど” を見極めて学習効果を上げていきます。